YDS CLUB

ydsclub.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 22日

Yamaha Twin の続き.2 305cc系

1960年代半ば欧米への輸出が増えていく中でYDS(250cc)より大きな排気量を求める声があったのは当然だと思います。
ヤマハの技術陣は、YDS3のエンジンをスケールアップする形でこれにいち早く対応しました。
エンジンのボア・ストロークは、YDS系の54×50mmから60×54mmとし排気量は305ccとなりました。
1965年 YM1 26ps/7000rpm
f0351435_18181513.jpg
1966年 YM1マイナーチェンジ 27ps/7000rpm
f0351435_18181150.jpg
1967年 YM2 31ps/7000rpm
f0351435_18180625.jpg
1967年に新開発の350cc、R1が登場するので305ccのモデルはYM2で最後となりました。

[PR]

by YDS_CLUB | 2014-06-22 18:34 | YAMAHA 2st Twin | Comments(0)


<< Yamaha Twin の続き...      Yamaha Twin の続き... >>