YDS CLUB

ydsclub.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 12日

YDSについて 250cc系

YDSは、Y=YAMAHA、D=250cc、S=Sport、の略でヤマハの250ccスポーツバイクを表します。
排気量の記号は、1955年発売のYA-1(125cc)から新たに起きた排気量の順に、A=125cc、B=130cc、C=175cc、D=250cc、E=260cc、F=50cc、G=75ccと決められて行きますが'60年代後半からモデル名に排気量が表示されるようになりこの決めごともなくなります。
YDSの最初のモデルは、1959年に発売されたYDS-1です。
以下、モデル毎に紹介(画像は当時のカタログより)
1959年 YDS-1 最大出力 20ps/7500rpm
f0351435_22582703.jpg
YDS-1の開発ストーリーは以下に記載されています。
http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/collection/yds-1/story/
1962年 YDS-2 最大出力 23ps/7500rpm
f0351435_22581365.jpg
1964年 YDS-3 最大出力 24ps/7500rpm このモデルからオートルーブ(分離給油)が付きます。
f0351435_22580774.jpg
1965年 YDS-3マイナーチェンジ 最大出力 24ps/7500rpm タンクマークが変わっています。
f0351435_22575956.jpg
1966年 YDS-3後期型 最大出力 26ps/8000rpm
f0351435_22574432.jpg
1967年 DS5-E 最大出力 29.5ps/8000rpm セルスターター付きです。
f0351435_22574058.jpg
1969年 DS6 最大出力 30ps/7500rpm
f0351435_22573587.jpg
YDS-1からDS6までは、ボア・ストロークが56×50mmです。
2ストロークエンジンは、回転数で馬力を稼ぐため一般的に高回転型と言われるショートストロークの方がスポーツ型と言えます。
'70年代に入ると350ccと共通設計の250ccエンジン(ボア・ストロークは、54×54mm)となります。
1970年 DX250 最大出力 30ps/7500rpm
f0351435_22573158.jpg
YDS CLUBは、YDS-1から始まる'60年代までのヤマハ2ストツイン250ccバイクのファンが中心ですが、'50年代のYA-1、YC-1、YD-1や'60年代の250cc以外の2ストツインのファンも多いです。






[PR]

# by YDS_CLUB | 2014-06-12 23:31 | YAMAHA 2st Twin | Comments(2)
2014年 06月 09日

YDS CLUB since 1983

YDS CLUB は、1983年3月19日(土)、静岡県浜名湖畔のヤマハマリーナに40名のヤマハYDSフリークが集結し第1回YDSミーティングを開催し発足しました。
クラブ発足のキーマンで初代・代表世話役(YDSクラブでは会長と言わずこう呼びます)となった並木鷹男さん(当時37歳)の挨拶文を原文のまま紹介します。

「ようこそ、ご無事で何よりでした! お申込みを頂いた方、全員がヤマハの故郷、ここ浜松へ遠路はるばる無事にご参集いただき、本当にありがとうございました。
まさに、春爛漫の天候に恵まれた今日、風光明媚な浜名湖の、そしてご覧の通り、素晴らしいここ、ヤマハマリーナ浜名湖で、YDS CLUB First Meeting を開催できますことを関係各位の皆様に心からお礼申し上げます。
私達が、このミーティングを開催しようとしましたのは、YA1より始まる60年代のヤマハ車が大好きで、そのオーナーズクラブがあっても良いのではないか、と考えたからです。岡崎の吉田くん、山形の冨塚くん、磐田の増田くんと昨年の今ごろ、連絡を取り合いましたところ、是非とも創ろう!ということになり、準備を始めた訳です。その後、浜松の北村くんにも準備委員会に入っていただき、地元浜松のメンバーの方々に大変お世話になりましたことを改めまして、この場をお借りしてお礼申し上げます。
ヤマハオートバイのオーナーズクラブと申しましても、参加された皆様に具体的なメリットがあるかどうかは大変に難しいことと思います。私達は考えました。非力な私達には皆様に何もご提供することは出来ないかもしれない、しかし、ヤマハオーナーがここに集うと言う、引き金には成れるだろう、と。ですから、この第一回ミーティングの場を大切にして、何よりも、ここに集まった私達はただ一つ60年代のヤマハが好きだ!という大切な接点を持っている訳です。国籍や年齢、地域や職業、その他のことを全て超越して、この『ヤマハオートバイが好きだ!』と言う接点を大切にして、友情の輪を広げて行きたいと思います。
私達は、オートバイを一つの出会いの道具としました。しかし、それが全てではなく、人と人との繋がりをもっと温かく大切にして行きたい、と願っています。このミーティングを通じて私は沢山の友人を得ることが出来ました。皆様にも是非とも、一人でも多くの良い友と巡り会えますようお祈りいたしまして挨拶に代えさせていただきます。」

第1回YDSミーティング ヤマハマリーナ浜名湖にて

f0351435_21432189.jpg
f0351435_21431365.jpg
f0351435_21425884.jpg



[PR]

# by YDS_CLUB | 2014-06-09 22:01 | YDS CLUB | Comments(2)
2014年 06月 07日

朝霧スクランブル マシン その2

車検・パドック
f0351435_20324778.jpg
f0351435_20303743.jpg
f0351435_20332153.jpg
f0351435_20331223.jpg
f0351435_20330643.jpg
f0351435_20325271.jpg


スタート

f0351435_20364478.jpg
f0351435_20361070.jpg
f0351435_20360177.jpg
f0351435_20355201.jpg
f0351435_20353448.jpg
f0351435_20364009.jpg


[PR]

# by YDS_CLUB | 2014-06-07 20:41 | 朝霧スクランブル | Comments(2)
2014年 06月 07日

朝霧スクランブル マシン

朝霧マシン いろいろ
f0351435_20194085.jpg
f0351435_20192945.jpg
f0351435_20192524.jpg
f0351435_20192522.jpg
f0351435_20192598.jpg
f0351435_20192599.jpg
f0351435_20190167.jpg
f0351435_20190116.jpg
f0351435_20190164.jpg
f0351435_20185116.jpg
f0351435_20185152.jpg
f0351435_20185126.jpg

[PR]

# by YDS_CLUB | 2014-06-07 20:26 | 朝霧スクランブル | Comments(0)
2014年 06月 06日

朝霧スクランブル大会 レギュレーション

「朝霧スクランブル大会」のクラス分けですが以下となっています。

クラス分け

□ アンティッククラス(AN)

1973年以前の車両で以下のいずれかに該当するもの。

1.1964年以前の車両

2.プレスフレーム車両

3.4ストローク車両

4.2ストロークツイン車両

□ エキサイティングクラス(EX)

1973年以前で上記以外の車両

□ ファイナルクラス(FN)

1974年から1979年までの車両

※ AN→EX、AN,EX→FNのエントリーOK

※ 排気量によるクラス分け

1.AN・・・ 50cc90cc125cc以上

2.EX・・・ 50cc90cc125cc250cc以上

3.FN・・・ 90cc以下,125cc以上

□ オープンクラス(Open

AN, EX, FNも排気量も制限なし(空冷、ツインショック車両であれば年式不問)

□ チーム対抗リレー(正規エントリー者は無料)

1.YDS杯・・・ 50cc車両を1台4名で乗り継ぐ

2.スタックランド杯・・・50cc, 90cc, 125cc, 250cc以上の4台一組のリレー


基本、空冷エンジン・ツインショック車両は参加できますので不明な時は問い合わせ下さい。
将来的には、「DIRT A.C.T.S UNION」のクラス分けに統一するように検討しています。
以下、レギュレーション全文です。ご参考まで。
f0351435_11514069.jpg
f0351435_11513331.jpg

[PR]

# by YDS_CLUB | 2014-06-06 12:03 | 朝霧スクランブル | Comments(0)