YDS CLUB

ydsclub.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 26日

朝霧マシン YAMAHA DT-1

ヤマハがトレールと言うカテゴリーで250cc単気筒エンジンのDT-1を発売したのは1968年でした。
詳しい開発ストーリーは、以下参照下さい。
http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/collection/dt-1/story/
1968年 DT-1 18.5ps/6000rpm ※初期型は、フラッシャーランプも無いスパルタンなモデルでした。
f0351435_21242665.jpg
パールホワイト
f0351435_21241730.jpg
キャンディオレンジ
f0351435_21242137.jpg
DT-1は、オフロードブーム、モトクロスブームに火を付けました。
f0351435_21241292.jpg
f0351435_21240750.jpg
各地でトレール教室が開催されました。
f0351435_21240356.jpg
DT-1にはキットパーツが設定され、これを付けると本格的モトクロッサーに変身、あなたも直ぐにモトクロスレースに出場出来ます!
f0351435_21235053.jpg
こんな風に!
f0351435_21235628.jpg
しばらく眠っていたDT-1改を当時のキットパーツでリニューアルし、昨年(2013年)の朝霧スクランブル大会を走りました。
f0351435_21234182.jpg
★朝霧スクランブル大会(ビンテージモトクロス)に関する問合せは以下までお願いします。佐々木
Email: kaku152@forest.ocn.ne.jp

[PR]

# by YDS_CLUB | 2014-06-26 21:42 | 朝霧スクランブル/ Vintage MX | Comments(4)
2014年 06月 25日

Yamaha Twin の始まり YD-1

ヤマハは、YA-1(125cc、1955年)、YB-1(130cc、1955年)、YC-1(175cc、1956年)と2ストローク単気筒エンジンのモデルを発売しましたが、1957年に2ストローク2気筒エンジンのYD-1を出します。
このエンジンは、ドイツのアドラー社MB250を参考としたものですが、車体やデザインはオリジナルのものでした。
詳しい開発ストーリーは、以下参照下さい。
http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/collection/yd-1/story/
1957年 YD-1 14.5ps/6000rpm
f0351435_17383029.jpg
1959年 YD-2 14.5ps/6000rpm
f0351435_17382546.jpg
YD-2は、同年にスポーツモデルのYDS-1が出ることもあり実用車寄りのデザインとなりました。また、セルスターターも装着されています。
1961年 YD-3 17ps/6000rpm
f0351435_17382191.jpg
YD系は、YD-3で終わりとなりますが、1963年にYD-3のエンジンをYDS-2の車体に積んだユニークなモデルが発売されました。
1963年 YDT-1 18ps/6500rpm ※画像は海外向けカタログより
f0351435_17381491.jpg
少し中途半端であったのかこのモデルは一代で終わりとなりました。
話が戻りますがYD-1エンジン(ボア・ストローク、54×54mm)のボアを1mmアップして260ccとし、自動二輪登録となるYE-1というモデルが存在します。
1958年 YE-1
f0351435_17380786.jpg
これと同じように260ccエンジンのYE-2(1959年)、YE-3(1961年)、YET-1(1963年)が存在します。
またYDS系に準じた260ccエンジンのYES-1(1959年)、YES-2(1962年)もありますが、いずれも少量生産だったと思われます。
1965年には自動二輪登録の305ccエンジン搭載のYM-1が登場しました。「Yamaha Twin の続き.2」参照


[PR]

# by YDS_CLUB | 2014-06-25 20:46 | YAMAHA 2st Twin | Comments(1)
2014年 06月 24日

Yamaha Twin の続き.3 350cc系

欧米の大型モデルに対抗する走行性能が求められる中、ボア・ストロークを61×59.6mmとしたフルサイズの350ccTwinが出たのは1967年でした。
1967年 R1(海外はYR1) 36ps/7000rpm ※画像は海外向けカタログより
f0351435_18175165.jpg
1968年 YR2 36ps/7000rpm
f0351435_18174682.jpg
1969年 R3 36ps/7000rpm
f0351435_18174191.jpg
'70年代に入り250ccと共通設計の350ccエンジン(ボア・ストロークは、64×54mm)となり、デザインも統一されたものとなります。
1970年 RX350 36ps/7000rpm ※初期型のカラーは、メタリックパープル
f0351435_18173437.jpg
この後、1973年にリードバルブ吸気エンジン、6速ミッション、フロントディスクブレーキのRD250/350が登場します。

[PR]

# by YDS_CLUB | 2014-06-24 18:39 | YAMAHA 2st Twin | Comments(4)
2014年 06月 22日

Yamaha Twin の続き.2 305cc系

1960年代半ば欧米への輸出が増えていく中でYDS(250cc)より大きな排気量を求める声があったのは当然だと思います。
ヤマハの技術陣は、YDS3のエンジンをスケールアップする形でこれにいち早く対応しました。
エンジンのボア・ストロークは、YDS系の54×50mmから60×54mmとし排気量は305ccとなりました。
1965年 YM1 26ps/7000rpm
f0351435_18181513.jpg
1966年 YM1マイナーチェンジ 27ps/7000rpm
f0351435_18181150.jpg
1967年 YM2 31ps/7000rpm
f0351435_18180625.jpg
1967年に新開発の350cc、R1が登場するので305ccのモデルはYM2で最後となりました。

[PR]

# by YDS_CLUB | 2014-06-22 18:34 | YAMAHA 2st Twin | Comments(5)
2014年 06月 20日

Yamaha Twin の続き.1 180~200cc系

欧米の排気量カテゴリーの一つである175ccクラスにスモールツインの拡大版が出たのは1967年でした。
AS1のボア・ストローク 43×43mmより 50×46mmとし180ccの新エンジンとなりました。
1967年 CS1-E 21ps/8000rpm ※画像は海外向けカタログより
f0351435_22314086.jpg
AS1と同じくエンジンをフレームの一部としたダイヤモンドフレームの採用で車重118kgの軽量車となりパワーウェイトレシオは高いものでした。
1969年 CS2-E 21ps/7500rpm
f0351435_22313661.jpg
更にボアをアップしボア・ストローク 52×46mmの200ccエンジンとなります。
1971年 CS200E 22ps/7500rpm
f0351435_22313127.jpg
軽二輪枠(126~250cc)としては、250ccがメインであったため180~200ccTwinの開発はここでストップします。


[PR]

# by YDS_CLUB | 2014-06-20 23:27 | YAMAHA 2st Twin | Comments(4)