YDS CLUB

ydsclub.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 01日

ヤマハ市販ダートレーサー “ASCOT SCRAMBLER”

1959年発売のYAMAHA 250S(YDS-1)には浅間レーサー用とスクランブルレーサー用のキットパーツが設定されていました。
その年の8月に開催された第3回浅間火山レース/第2回全日本モーターサイクルクラブマンレースでは浅間仕様のYDS-1が活躍しました。浅間のコースは、未舗装で高原のダートを高速で走ると言うものなのでそのマシンはダウンチャンバーにアップハンドル、大型フューエルタンク(浅間タンク)と言う独特のスタイルをしていました。
f0351435_18351121.jpg
一方スクランブルレーサーは、アップフェンダーにアップマフラー、スタンダードのフューエルタンクと言うスタイルでした。
f0351435_18350793.jpg
1962年発売のYDS-2にもロード用とスクランブル用のキットパーツがありましたがロードレース用はTD1-Aとして市販レーサーが発売されました。
f0351435_18345845.jpg
アメリカ西海岸のロスアンジェルス近郊の“Ascot Speedway”は、1957年に開設されたハーフマイル(800m)のオーバルコース(ダート)で四輪やバイクのレースが盛んに行われていました。
ヤマハは、これらのダートレース向けにYDS-2の車体にチューンアップしたエンジンを載せダウンチャンバーを装着、アップハンドルに大きなノビータイヤ(ダート向け)を履かせたモデルを1963年、US向けに市販しました。エンジンは、TD1-Aベースと言われていますがキャブレターはTD1-Aの26mmアマル別体式フロートタイプ(ミクニ製)では無く24mmVMタイプVM24H(ミクニ製)が装着されていました。スタイル的にはYDS-1の浅間仕様とスクランブル仕様を合わせた様に思います。
モデル型式は、YDS2M(154)で名称は“ASCOT SCRAMBLER”と言いました。
ロードレーサーでもなく、スクランブラー(モトクロッサー)でもないUS独自のダートレーサーを市販したヤマハはそれだけ北米市場を重要視していたのだと思います。
f0351435_18345174.jpg
f0351435_18344673.jpg
f0351435_18344042.jpg
※画像の一部はWebより転用


[PR]

by YDS_CLUB | 2014-12-01 19:18 | YAMAHA 2st Twin | Comments(3)
Commented by やっぺ at 2014-12-01 20:00 x
この辺からヤマハの市場開拓の先見性が・・・。
誰だかわからないけど、ヤマハには凄い人がいたんですね~。
Commented by YDS_CLUB at 2014-12-01 21:35
やっぺさんへ:1960年、アメリカ西海岸に日本楽器が現地法人Yamaha International Corporation を設立してヤマハのモーターサイクル輸出も始まりました。船外機やボート始め欧米のレジャーを取り込んだ先見性は初代社長・川上源一氏にあると思いますが、チャレンジ(開拓者)精神はヤマハの社風かと思います。
Commented by やっぺ at 2014-12-02 06:48 x
技術的な物だと、ロータリーバルブ、オートルーブ、ラビリンスシール、5ポート、トルクインダクション、ぐ~っと新しくなってモノクロスサス、YPVS、等など・・・他のメーカーがやる前にやる所が凄い!。物に寄っちゃあ冒険ですが・・・。(笑)


<< ヤマハ市販ダートレーサー “A...      エンジン性能から見るYDSのラ... >>