YDS CLUB

ydsclub.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 04日

2ストツインのスクランブラー

1959年に発売されたヤマハ初のスポーツモデル250S(YDS-1)にはキットパーツが設定されていました。
有名なのは赤い大きなタンクにダウンチャンバーの浅間レーサー、
そしてアップマフラーのスクランブラー(オフロードレースマシン)。
f0351435_20590212.jpg
f0351435_20585808.jpg
キットパーツのカタログ ※画像は、浅間レーサー用がメインで記載されていました。
f0351435_20585315.jpg
スクランブラー用キットパーツは、YDS-2(1962年)にも設定され、1964年に行われたモトクロス日本グランプリ(MFJ主催)でも活躍しました。
市販車にスクランブラーが登場したのは、海外向けのYDS-3Cでした。 カタログ画像は、1966年モデル
f0351435_20584900.jpg
国内向けにも'60年代後半に2ストツインのアップマフラーモデルが登場しますが既にトレールモデルのDT-1が出ており、オフロードモデルと言うよりファッション的な要素が大きかったと思います。
f0351435_20584301.jpg
f0351435_20583952.jpg
f0351435_20583301.jpg


[PR]

by YDS_CLUB | 2014-07-04 21:25 | YAMAHA 2st Twin | Comments(4)
Commented by 怪物君 at 2014-07-04 23:15 x
スクランブラーと云う名称はヤマ発が最初とは・・・・・
勉強になりました。
Commented by YDS_CLUB at 2014-07-04 23:38
怪物君へ
表現が悪くてすみませんがヤマハが最初に使った訳ではありません。
当時、アメリカではオフロードレースをスクランブルレースと言っておりそれに使うバイクをスクランブラーと呼んでいました。
後に欧州でポピュラーとなったモトクロスと言う名称に統一されました。
Commented by やっぺ at 2014-07-05 21:07 x
DT-1からは、トレールになった?。この2気筒スクランブルシリーズは、整備性を考えるとやっぺの好みでは無かったです。DS-6のUPマフラーに乗ってました。DS-6Cではなかったです。
Commented by YDS_CLUB at 2014-07-05 21:33
やっぺさんへ
私は、アップマフラーが好きです。
アップマフラーに一文字ハンドルもなかなかイケると思います。


<< 海を渡ったYDS-1 “LIB...      2014ヴィンテージ合同ミーテ... >>